「港北つなぎ塾2019」第1回を港北区役所で開講しました

一般社団法人地域インターネット新聞社は、横浜市港北区役所との主催事業「港北つなぎ塾~スマホから始める新たな地域づくり」を、2019年2月9日に同区役所4階(港北区大豆戸町)で初開講いたしました。

講義は午前9時から12時まで開催。第3回の講師を務める丸山恵子さん(ウーマンネット株式会社)も挨拶

講義は午前9時から12時まで開催。第3回の講師を務める丸山恵子さん(ウーマンネット株式会社)も挨拶

冒頭部に、同区役所地域振興課・地域力推進担当より開催主旨を説明。続き行われた「基調講演」で、代表理事の橋本が「地域でゆるやかなつながりを生み出す方法」(40分)、編集長の西村が「IT時代の情報発信術」(50分)をテーマとし、講師として登壇させていただきました。

地域をつなぐ活動の実情を知り、「つなぐ手段」についての理解を深めること、地域活動におけるインターネット活用交流のポイントを知ることを目的とした第1日(初日)の講義には、区内在勤・在学・在住者や地域活動を行われる方、法人事業者や区役所関係者など48人が来場。

それぞれの交流を深め、地域デビューや緩やかなつながりをつくることをテーマとした「参加者交流~自己紹介」の時間では、6つのグループに分かれての自己紹介や、講座に参加した理由今後学んでいきたいことなどについての意見交換(40分)を行いました。

次回(第2日)は、2月23日の開講を予定しています。

「港北つなぎ塾」についての詳細は、こちらをご覧ください。