横浜日吉新聞について

横浜日吉新聞は、日々都内へ通う“日吉都民”も日吉の街を知りたい――とのコンセプトで始めた地域のインターネットメディア。2015年7月に創刊しました。

横浜市の北東の端にある港北区。区のなかで、もっとも川崎市や東京都内に近い場所に位置するのが日吉です。東急東横線の沿線にあり、渋谷駅から約20分。慶應義塾大学のキャンパスがあることでも知られています。

横浜日吉新聞では、約7万1500人が住む日吉エリアをはじめ、同じ沿線で隣町の綱島(つなしま)や、市営地下鉄グリーンラインの沿線で隣町の高田(たかた)も読者対象エリアとし、日吉に隣接する川崎市中原区(木月や井田)や幸区(南加瀬などの「川崎日吉」エリア)の一部もカバー。読者対象エリアの人口(通勤・通学者含む)は17万5000人と推定されます。

大きな事件や事故でも起きない限り、メディアに報じられることがない日吉・綱島・高田という地域のみに特化し、「身近な近所の情報」だけを徹底して報じることで、創刊以来、幅広い支持を集めております。

※さらに詳しい説明はこちらにも掲載しています。

媒体概要

  • 媒体名称:横浜日吉新聞
  • 創刊日:2015年7月18日
  • 更新頻度:毎日(1日あたり記事1~3本)(※)日曜日や年末年始・長期連休中などはメンテナンス休止の場合あり
  • 読者対象:横浜市港北区の日吉(隣接の川崎市域含む)・綱島・高田の在住者と通勤・通学者(推定17万5000人)※詳細はこちら
  • 読者数:月間99,002~143,273人(2018年1月~6月時点のユニークユーザ数)※最新情報はこちら
  • 閲覧数:月間706,223~1,110,694ページ(2018年1月~6月時点のページビュー数)※最新情報はこちら
  • 閲覧方法:スマートフォン69.8%、パソコン24.3%、タブレット端末6.0%(2018年1月~3月時点)
  • 媒体の特徴:地域におけるイベントや祭りなどの「告知」にとどまらず、防犯・防災、再開発、行政関連なども含めニュース性の高い内容を積極的に報じています。また、インターネットでの閲覧に抵抗を感じる人向けには、年に数回A4判の「ダイジェスト版」を印刷し、新聞折り込みなどでエリア内に配布しています。読まれている記事の一例はこちら(2017年の年間ベスト30)

※数値はいずれも「グーグルアナリティクス」による推計